まほろん
 その日
 その日
<2005年>
6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月
<2006年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2007年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2008年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2009年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2010年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2011年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2012年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2013年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2014年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2015年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2016年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2017年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
<2018年>
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月
 
★写真をクリックすると拡大します。 →Go topページ
   

11月16日(金)
 今日は、茨城キリスト教大学の皆さんがご来館されました。普段の生活では、なかなか経験することのできない勾玉づくりでは、学芸員の説明を聞きながら、熱心に作り方をメモする姿も見受けられました。
 まほろんでは、勾玉を「作る」だけではなく、「見る」こともできます。県内の遺跡から出土した勾玉は、常設展示室で展示していますので、ぜひご覧ください。(ぽてちん)


   

11月15日(木)
まほろんでは、来る11月18日(日)に「まほろん感謝デー」を開催します。今回は「アメぞく細工」や「ミニ石庖丁づくり」、「銅剣形ピンバッチづくり」、「ぼうすいこま」などの新企画を用意してお待ちしております。また、当日は「おたのしみ大抽選会」を2回開催します。写真は各回1名様に当たる「特別賞」の内容です。ヤヨイ柄のトートバックに、火おこしストラップを付けてお持ちになるのはいかがでしょうか?
当日は限定グッズの販売も行います。(びん)

   

11月14日(水)
 今日、福島市にある「じょーもぴあ宮畑」の職員の方たちが資料調査に来館しました。
 来年の企画展で展示を予定している弥生土器の調査でしたが、真剣に資料に見入るその横顔の髭(ひげ)にお気づきでしょうか?
 正面からご紹介できないのが残念ですが、髭(ひげ)をたくわえたその風貌は、想像で描かれる縄文人の姿に通じるものがあります。これで貫頭衣や毛皮をまとえば、まさに縄文人の雰囲気満点ではないでしょうか。
 企画展も楽しみですが、この風貌を活かしたイベントも、きっと期待できますよ。(ここじぃ)

   

11月13日(火)
 企画展「白河市天王山遺跡の時代」が人気です。白河市民はもちろん、県内外の弥生時代の研究者も多数来館しています。
 展示関連の弥生グッズがさらに充実しました。 赤色をベースとした、まほろんオリジナル弥生手ぬぐいです。 まほろん収蔵の湯川村桜町遺跡出土壺、会津若松市一ノ堰B遺跡出土壺、須賀川市松ケ作A遺跡出土浅鉢がモデルになっています。
 これまでの法正尻遺跡出土縄文土器手ぬぐいとともに、赤・青合わせてご利用ください。(趣味が手ぬぐい集めマン)

   

11月11日(日)
 今日は、白河ユネスコ協会のみなさんが来館され、常設展示や現在開催中の企画展「白河市天王山遺跡の時代」、バックヤードの一般収蔵庫などを見学ました。
 未だ謎も多い天王山遺跡ですが、弥生土器などを観察しながら、学芸員の話に熱心に耳をかたむけていました。(のん)

   

11月10日(土)
 今日は、企画展関連文化財講演会「YAYOIセミナー」を開催。
 弥生時代に関心を持つ多くの方々が集まり、講堂は溢れんばかりの盛況となりました。
 さて、今日ご紹介するのは、11月18日開催の「まほろん感謝デー」に登場する「ミニ石庖丁ペンダント」です。
 石庖丁は、弥生時代に稲の穂を刈るために使われていた道具で、こちらはそのミニ版です。
 2種類の紙やすりで石に磨きをかけて、ペンダントにします。
 飾りのガラス玉は6色の中から1つ選べます。
 体験料200円で限定75個になります。ぜひこの機会に体験してみてください。(はにこ)

   
→一つ前の記録へ