法正尻遺跡(猪苗代町・磐梯町) 位置はこちら(遺跡データベースへ)

■概  要
 磐梯山の南西に広がる丘陵地に位置する、縄文時代中期を中心とする集落遺跡で、竪穴住居跡129軒、土坑759基などがみつかっています。まほろん野外展示の「縄文時代の家」のモデルになったのも、この遺跡の竪穴住居跡です。
 遺物も完全な形の縄文土器をはじめ、石鏃をはじめとした大量の石器類、ヒスイ製の大珠などの装飾品類、土偶などの祭祀具がみつかっており、豊かな縄文時代の生活が忍ばれる集落跡となっています。
遺跡の遠景
   

■主な遺物(遺物写真データベースへ)
 ・縄文土器深鉢
 ・縄文土器深鉢
 ・縄文土器注口土器
 ・石匙

■主な写真(写真データベースへ)
 ・炉のある竪穴住居跡1
 ・炉のある竪穴住居跡2 (「縄文時代」の家のモデル)
 ・縄文土器の入った貯蔵穴のようす
 ・遺跡の全景と磐梯山
遺物データを全部検索表示する
遺物写真データを全部検索表示する
写真を全部検索表示する
この遺跡の調査歴を表示する